【ラベル屋さん】差し込み印刷を使って複数のプライスカードを一発作成する便利ワザ

パケログでは、パッケージづくりやお店の運営に役立つ情報をご紹介しています。

今回は、ラベル屋さんというソフトを使った「プライスカード(名刺サイズ)」の作り方についてご紹介します。プライスカードの作り方といっても、単にカードに文字をデザインするものではなく、ラベル屋さんに標準搭載されている「差し込み印刷」機能を活用したテクニックです。

差し込み印刷は、年賀状ソフト「筆まめ」で宛名を印刷する時と同じ要領で、同じデザインの型に、エクセルで用意した情報を次々流し込む印刷方法です。ラベル屋さんと差し込み印刷を使うため、次のような場合に役立ちます。

  • インクジェットプリンタを使って自分で小ロット印刷したい
  • イラストレーターなどのデザインソフトを持っていない
  • 商品がたくさんあって、1つひとつデザインを変えて印刷するのが大変

準備するもの

1.エーワン用紙・マルチカード「51003(名刺サイズ:91×55mm)」
2.ラベル屋さんに接続できるインターネット環境
3.エクセル
4.インクジェットプリンタ

ラベル屋さんでプライスカードのデザインを作成

まずは、ラベル屋さんのテンプレートを使って、プライスカードのデザインをします。

1.ラベル屋さんWeb版を起動
2.製品番号「51003(名刺サイズ:91×55mm)」のテンプレートを開く
3.文字や図形、画像を使って好きなデザインをレイアウト

ラベル屋さんには、ハロウィンなどのイラスト素材も沢山用意してあります。
イラストを上手く利用して季節感を演出するのがポイントです。

プライスカード ラベル屋さん

エクセルで差し込みデータを準備

次に、作りたいプライスカードの分だけ、エクセルで商品情報をまとめます。
一番上の行に、項目(例:タイトル、商品名、内容、価格、単位、備考)を記入します。

パソコンに慣れていない方は、後でファイルを探しやすいように、分かりやすい名前でデスクトップに保存すると良いでしょう。
※今回は、私の大好きな「LUPICIA」さんの商品情報をサンプルに使用させていただきました。

エクセルデータの差し込み準備

先ほど作成したエクセルデータを、ラベル屋さんに差し込んでいくための準備をします。

1.ラベル屋さんデザイン画面右上の「差し込み」をクリック
2.差し込み「ON」をクリック

プライスカード ラベル屋さん

3.下記メッセージが表示されるので、ひとまず「いいえ」をクリック

プライスカード ラベル屋さん

エクセルデータを読み込む

先ほど準備した差し込み用のエクセルデータを、実際にラベル屋さんに読み込ませます。

1.右メニュー「読み込み」をクリック

プライスカード ラベル屋さん

2.下記メッセージが表示されるので「はい」をクリック
3.先ほど保存したエクセルファイルを開く

プライスカード ラベル屋さん

3.上から「全読込」「1行目を列名として読み込む」「読み込み」の順にクリック

プライスカード ラベル屋さん

エクセルの列とデザインの文字を関連付ける

エクセルの各項目(タイトル、商品名、内容、価格、単位、数量、備考)と、その項目を流し込みたいデザインの文字を関連付けていきます。

1.デザイン画面の「秋の緑茶」をクリック
2.右メニューの「タイトル」をクリック
3.「関連付け」をクリック
4.続いて「栗50g・・・」以下の項目に対して、上記1~3を繰り返します。

ラベル屋さん プライスカード

プレビューで確認、印刷する

画面右上の「印刷」をクリックすると、プレビュー画面に印刷イメージが表示されているのが分かります。
正常に差し込みされているのが確認できたら、「PDF印刷」ボタンから印刷して完了です。

フォントサイズや色が想像していたものと異なる場合があるので、最後は、印刷物をみながらデザインを微調整しましょう。

ラベル屋さん プライスカード

 

コメント