【保存版】実際の商品から学ぶ「アレルギー表示」の書き方

アレルギー表示で、正しく情報提供を行いましょう。

パケログにご訪問いただき誠にありがとうございます。当ブログでは、食品パッケージに関する情報や商品づくりのヒントをご紹介しています。

今回のテーマは「アレルギー表示」。アレルギーを持つ方やアレルギーの子供を持つ親にとって、このアレルギー表示は生命にかかわるとても大切なものです。加工食品を製造・販売をされる方は、ぜひ正しい知識を身につけて正しく情報提供を行ってください。

当記事は消費者庁のWebサイトを参考にしています。消費者庁のWebサイトで、より詳しい情報、最新情報をご確認ください。

参考 消費者庁のWebサイト

アレルギー表示は、どんな商品が対象?

容器包装された加工食品及び添加物

アレルギー表示のルールとポイント

表示義務がある原材料とそうでないもの

表示義務 理由 原材料名称
必ず表示
特定原材料
7品目
アレルギー症状の発症数、症状の重さを考慮し表示する必要性が高い。 えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生
任意・推奨
20品目
アレルギー症状の発症例はあるが、上記7品目と比べると少ない。 あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまい
も、りんご、ゼラチン

表示の仕方

原則として個別表示であるが、一括表示も可能。
スペースがあれば、消費者により分かりやすいように、食品表示とは別枠で表示するのもポイントです。

個別表示 記載例

 原材料名:じゃがいも、にんじん、ハム(卵・豚肉を含む)、マヨネーズ(卵・大豆を含む)、たんぱく加水分解物(牛肉・さけ・さば・ゼラチンを含む)/調味料(アミノ酸等)

 

 原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、砂糖、ぶどう糖、梅酢パウダー、食塩、粉末酢、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、梅調味パウダー、あおさ、オリゴ糖/調味料(アミノ酸)、酸味料、甘味量(ステビア)、香料、アントシアニン色素

一括表示 記載例

原材料名: カカオマス、砂糖、ココアバター、チアシード、ココア、アサイーエキスパウダー、測物油脂/乳化剤、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)

別枠表示 記載例

例1)

小麦 乳成分 落花生 そば えび かに

例2)

アレルゲン27品目対象
小麦・大豆

例3)

本製品に含まれるアレルギー物質
小麦

例4)

原材料に含まれるアレルギー物質(27品目中) 卵・乳成分・小麦・大豆

その他

特定原材料7品目と同じ製造ラインを使用している場合

原材料に表示義務のある7品目(えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生)が実際に含まれていなくても、製造ラインの問題で混入してしまう可能性がある場合は、次の表示が必要です。

例1)●製造工場では特定原材料中、卵・乳・えび・かにを含む製品を生産しています。
例2)●本品は卵、小麦、落花生を使用した設備で製造しています。
例3)◇本品製造ラインでは、小麦・えび・かにを含む製品を製造しています。
例4)◇本品で使用しているあおさは、えびやかにが混ざる漁法で採取しています。
例5)本品中にえびは、かにがまざる漁法で採取しています。
例6)本品中のしらすおよびわかめは、えび・かにが混ざる方法で採取しています。

※消費者がすぐに気づけるように、目立たせるように心がけましょう。文章の前に●や◇の記号を使ったり、色を変えたり、太字にすることで、自然と目がいきますね。

可能性表示の禁止

「入っているかもしれない」といった可能性(あいまいな)表示はNGです。

実際のアレルギー表示を見てみよう

実際のパッケージに書かれているアレルギー表示を見てみましょう。

アレルギー表示 書き方 レイアウトアレルギー表示 書き方 レイアウトアレルギー表示 書き方 レイアウトアレルギー表示 書き方 レイアウトアレルギー表示 書き方 レイアウトアレルギー表示 書き方 レイアウト

コメント