食品包装に便利なパッケージ袋5種類とそれぞれの特徴

パッケージ袋にはどんな形状があるの?

食品パッケージの袋には様々な形状がありますが、ここでは当ブログでも登場するパッケージを大きく5つの種類に分類し、その特徴をご紹介します。商品の容量や販売時の陳列方法によって、使用する袋の種類が決まりますので、ご自身の商品を頭に浮かべながら、どのような袋を選んだらいいのか検討していきましょう。

スポンサーリンク

スタンド袋

スタンド袋、スタンドパック、スタンディングパウチなど、袋メーカーで様々です。底面にマチがあり、自立するタイプの袋です。開閉用のチャックが取り付けられたものは「チャック袋」などと呼ばれています。また、国内で販売されている多くのチャック袋には、上部にノッチと呼ばれる切り込みがついており、消費者が開封しやすくなっています。

スタンドパック

スタンドパック 底

スタンドパック ノッチ

パッケージについて、詳しくはこちら

 

平袋

名前のとおり、フラットな形状の袋です。若干は膨らみますが、側面にマチがないため、あまり厚みのある原料には向いていません。逆に考えると、他の袋と比べるとかさばらないため、同じスペースでも多くの商品を陳列できるメリットもあります。

平袋

パッケージについて、詳しくはこちら

ガゼット袋

ガゼットとは、マチ付きのことです。両サイドにマチがついているため、平袋と比べると多くの原料を包装することができます。

ガゼット袋

パッケージについて、詳しくはこちら

三方シール袋

製造過程で、三ヵ所(上、両サイド)が熱シールでとめてある袋です。平べったいため、ティーバッグやドリップバッグなどの包装によく使われています。また、両サイドの上部にノッチと呼ばれる切り込みが入っていて、開封しやすいように工夫されています。

三方シール袋

パッケージについて、詳しくはこちら

角底袋

底が四角になっていて自立する紙袋です。マチがあるため多くの原料を包装することができます。

角底袋

角底袋 底面

パッケージについて、詳しくはこちら

 

コメント