これは使ってみたい!高級感がぐっと出る「レーヨン紙」の特徴

商品に高級感を演出したい時ってありませんか?そんな時に役立つのが、「レーヨン紙」素材の袋です。

今回は、BATHLIER(バスリエ)さんが販売されている風呂用ハーブティのパッケージを参考に、「レーヨン紙」素材の特徴と、ラベルづくりのポイントをご紹介します。

ハーブティ パッケージ

風呂用ハーブ
ローズレッドペタル×8g
330円
BATHLIER(バスリエ)
http://www.bathlier.co.jp/

レーヨン紙の素材感で、高級感・高品質を演出

使用されている袋は、「レーヨン紙」と呼ばれる茶色い障子紙のような素材を使った平袋で、右半分が透明になっています。高級感を演出するポイントは、次の3点。

・クラフト紙の様なナチュラルな雰囲気
・ざらざらとした手触り感
・うっすらと中身が透ける素材感

また、袋の左・上下に開封用の切り込みがついているので、ハサミを使わなくても手で簡単に開けることができます。ちょっとしたことですが、こういう配慮が消費者としては嬉しいポイントです。

ノッチ

 

製造会社 清和
購入可能場所 パッケージ通販
商品番号 50510
商品名 レーヨン平袋ナチュラル 窓付 110×140
サイズ 140×110mm(袋縦×袋幅)
販売単位 50枚
単価 29円

透明ラベルで下地を活かしたデザインに

正面には透明のラベルが貼ってあり、角度によっては、袋にデザインを直接印刷しているようにも見えます。下地の素材感を活かしたデザインにしたいときなどに、透明シールはおすすめです。デザイン面では、シンプルなイラストと文字が使われているのが特徴です。文字のサイズは大きすぎず、周りに十分なスペースをとることで、高級感が伝わって、リッチな気分にさせてくれます。

裏面の一括表示ラベルは、商品名、販売名、内容量、原材料、使用方法、製造国、製造販売元、使用上の注意、そしてバーコードが記載されています。

ハーブティ 一括ラベル

コメント