注目!最新「Bean to Bar」チョコレートパッケージ5選

Bean to Bar
品質とパッケージで人々を魅了。こだわりのチョコレート

「Bean to Bar」や「Farm to Bar」という言葉を聞かれたことがありますでしょうか。Bean to Barとは、板状のチョコレートをカカオの実(豆)の状態から製造すること。最近よくTVや雑誌で特集が組まれています。日本で「Bean to Bar」という言葉が広まったのは、東京にあるMinimalさんの情熱によるものでしょう。

Minimalさんのチョコレートをはじめて見たとき、そのパッケージの美しさに驚きました。板チョコのパッケージは、銀紙に巻いたものが紙に包装してあるもの(明治の板チョコのような)だと思い込んでいましたが、Minimalさんのチョコレートは、ジッパー付きの袋に丁寧に包装され、上品にデザインされた紙が巻かれています。パッケージからも、商品に対するこだわりが伝わってきます。

今回は、そんなMinimalさんのパッケージをはじめ、気になるチョコレートのパッケージをいくつかご紹介します。チョコレートに限らず、様々な商品においてデザインの参考になりそうです。

Minimal – Bean to Bar Chocolate

定番商品:ジッパー付きの平袋に包装されている出典:Minimal – Bean to Bar Chocolate

店内:フックに掛けたディスプレイも素敵出典:Minimal – Bean to Bar Chocolate

ギフト:色とりどりの三方シール袋に包装されたものが6個並んでいる
出典:Minimal – Bean to Bar Chocolate

Mast Brothers

チョコレートについて調べると、Bean to Barの先駆けとして紹介されているのが、New Yorkにある高級チョコレート店「Mast Brothers」さん。カラフルな包装紙とシンプルラベルが魅力的です。

DSCF9496(2).jpg
出典:Mast Brothers

DSCF9525(2).jpg
出典:Mast Brothers

DSCF9521(2).jpg
出典:Mast Brothers

green bean to bar chocolate

Mast Brothers さんのパッケージを日本風にアレンジしてあるのが、東京・福岡に店舗を構える「green bean to bar chocolate」さん。外国人旅行者にも喜ばれそうな和柄デザインです。


出典:green bean to bar chocolate

ウシオチョコラトル

ご紹介した「Bean to Bar」チョコレートのように、品質はもちろんパッケージにもこだわったお店は他にも様々あります。Minimalさんがチョコレートをジッパー付きの袋に包装されているのに対し、広島県にある「ウシオチョコラトル」さんは、チョコレート自体の形状を六角形にされています。スタンプを押した三角形のラベルも可愛いです。

出典:ウシオチョコラトル

Masasi.Egさん(@masasi.eg)がシェアした投稿

焦げた棒人間さん(@b0un1ngen)がシェアした投稿

foo chocolaters

同じく「ウシオチョコラトル」さんが運営されているチョコレート店「foo chocolaters」。三角形のパッケージで、中身のチョコレートは丸型。商品のディスプレイも面白いです。

@3m__mameがシェアした投稿

2月24日 広島空港ターミナルビル3階にオープンした チョコレートファクトリー 【foo chocolaters】 #フーチョコレーターズ ダイレクトトレードのカシューナッツと カカオ使用のヴィーガン対応のチョコレート 工房での焙煎から包装まで チョコレートづくりを見学できるお店✨ 尾道・向島のチョコレート工房 「USHIO CHOCOLATL」 #ウシオチョコラトル が出したお店✨ 「Black」「Brown」をベースに選んで「White」「matcha」「cranberry」の どれかを組み合わせる✨ とりあえず全部が入るように 組み合わせて3つ購入 奥には産地別のほうじ茶の テイクアウトのブースも♡ ところで向島はどうなっているんだろう。。。もう広島に来てるんじゃないかと心配。。。

Terumi Haradaさん(@te_ru_)がシェアした投稿 –

【メルカリで大活躍】ネコポス格安発送ケース 人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする