これは助かる!ドリップバッグ1個に使える小型エージレス

食品の品質を保つのに欠かせないのが、脱酸素剤や乾燥剤の存在です。脱酸素剤は、一般的にエージレスとして知られていますね。密封した袋に食品と一緒に入れておくと、エージレスが酸素を吸収してくれて、食品が酸化するのを防いでくれます。商品のおいしさを保つためにも、ぜひ利用しましょう。

乾燥剤(シリカゲル)と脱酸素剤の違いって?
シリカゲルは水分を含むと品質が落ちる商品(せんべいやクッキーなどパリパリ、サクサクした食感の食品)に使用し、脱酸素剤は水分を多く含んだ食品(しっとりした食感の食品)の酸化やカビの発生を防ぐために使用されます。
引用 http://www.tpup.jp/fs/tpup/c/silica_ageless

エージレスは、「三菱ガス化学」さんが開発されたもので、国内だけでなく世界中で使われています。国産メーカーということもあり、何かと安心です。他にも、脱酸素剤でいえば、「鳥繋産業」さんが製造されているエバーフレッシュなどもあります。

食品袋などの包装資材を販売されている会社は、脱酸素剤も一緒に販売されているところが多いです。原料の量にあわせてサイズもたくさんあります。

コーヒー専用エージレス Eシリーズ

空気に触れると、酸素とコーヒーから発生する炭酸ガスを同時に吸収してくれるコーヒー専用のエージレスです。

エージレス 大きい

エージレス 使用シーン

小型エージレス ZJ-15PK

サイズが、20mm×30mm程度の小型タイプです。ドリップバッグなどを入れた個包装袋などに向いています。

エージレス 小さいエージレス ドリップバッグ

各資材メーカーの「脱酸素剤」販売ページ

パケログで紹介している各資材メーカーの「脱酸素剤」ページです。

ニコノス JF Stock Pack 清和
コーヒー用
Eシリーズ
個包装袋用
EZ-15PK
×
お茶用 × ×
菓子用 × ×
特徴 コーヒーの分量に合わせて比較表があり、選び安い。 鳥繋産業さんの「エバーフレッシュ(食品用)」あり。 お茶の分量に合わせ選べて、エージレスの種類も豊富。

※最新情報は各社ホームページをご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする